3 どんなGUI?

 ・ラズベリーパイのI2C通信を使って,いろいろなセンサの値を表示する.
 ・接続したモータの回転数を調節する.

まずはこの二つのことができるGUIを制作したいと思います.たぶん,こんな感じになると思われます.

1ページ目

スライド1

2ページ目

スライド2

使用するセンサ
(16 I2c通信で温度,湿度,気圧,時間を取得しよう.及び
16 9軸センサをI2cで使いこなそう1(LSM9DS0)に詳しく載せてあります.)
・SHT-21 1チップ温度・湿度センサ・モジュール
・LPS331AP 気圧センサモジュール(I2C/SPIタイプ)
・M41T62 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
・LSM9DS0 9軸センサ

使用するモータおよびサーボモータ
(14 エンコーダ付きモータを使ってみよう1及び22 シリアル通信とサーボモータ(KRS-ICS3.5)に詳しく載せてあります.)
・12Pエンコーダ+ギアヘッド付DCモータ RDO-29B50G(減速比)A
・近藤サーボ 2572HV

まずは1ページ目のセンサの値を表示するGUIのレイアウトを作ります.
4 レイアウト(センサ) に続く.

参考図書(よかったらどうぞ)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">