20 9軸センサをI2cで使いこなそう5(LSM9DS0)-方位センサ

前回オフセット値がわかったので,そこからθを求めます.

マイコン周辺の回路およびプログラムは前回と同じです.

IDLEのプログラムを以下に書き直します.

前回と同じようにプログラムを実行します.センサをZ軸を中心に回転させてみてください.θの角度がセンサの回転とともに変化すると思います.SがθでFがφです.

230

MZ関係の計算をまだしていないため,M及びφの値は0になっています.φを求めるためには加速度センサで,重力加速度を検知する必要があります.よって,いったん方位センサはおいといて,加速度センサを使ってみたいと思います.
21 9軸センサをI2cで使いこなそう6(LSM9DS0)-加速度センサ に続く.

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">