11 完成版_リアルタイムグラフ

 デザインを変更しました.機能は前回と同じです.
背景画を使うことにしました.以下の画像を,pythonのプログラムと同じフォルダにいれてください.

background

まずはAVRマイコンに以下のプログラムを入力します.

次にIDLEに以下のプログラムを入力します.

マイコン側の電源を入れて,PCに接続したXbeeの受信が確認できたらIDLEのプログラムを実行します.
このような画面がでてきたら成功です.

223

以上でリアルタイムグラフ作成は終わりです.
応用編として,このリアルタイムで表示できるグラフを使って,9軸センサの扱い方の紹介をしていますので,よかったら見てください.
4章-16 9軸センサをI2cで使いこなそう1(LSM9DS0)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">