17 9軸センサをI2cで使いこなそう2(LSM9DS0)

今度は計測データをセンサから取得してみましょう.このセンサから取得できる計測データは9つあります.
ジャイロのX軸,Y軸,Z軸 加速度のX軸,Y軸,Z軸 磁気のX軸,Y軸,Z軸です.この取得データから傾きなどを算出します.今回はとりあえず生データを出力するだけにします.XbeeをPCに差し込み,受信状態にしてください.

回路は前回のままで,プログラムを書き換えます.

X-CYUのTerminalタブに,以下のような値が出力されれば成功です.

198

値の説明をすると,こんな感じ.センサから取得した値をそのまま表示しています.
GX X軸の角速度
GY Y軸の角速度
GZ Z軸の角速度
AX X軸の加速度
AY Y軸の加速度
AZ Z軸の加速度
MX X軸の方位
MY Y軸の方位
MZ Z軸の方位

このセンサはジャイロと加速度・磁気のスレーブアドレスが分かれているみたいです.
ジャイロのスレーブアドレス : 0x6b
加速度・磁気のスレーブアドレス : 0x1d

次からはこの9つの値をあーだこーだ計算して,使える単位に変換します.まずは一番簡単そうな方位から取り組んでみましょう.
18 9軸センサをI2cで使いこなそう3(LSM9DS0)-方位センサ に続く.

おすすめ図書(よかったらどうぞ)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">