14 Pythonでゲームを作ろう8(ブロック崩し)

次は,以下の機能を追加させます.
・スイッチを押してからスタートさせる.
・スコアを表示する.

・スイッチを押してからスタートさせる.
自作コントローラーを見てください.現在,22ピン及び23ピンを使用しているので,24ピンに繋がれたタクトスイッチを押したら,球が動きだすようにします.

172

・スコアを表示する.
scoreという変数を用意し,球がブロックに当たった時,scoreに5をプラスします.そして,#displayでそのscoreが表示されるようにします.また,スコアを表示するために,そもそものwindowの大きさを変えます.

以上を考慮し,block.pyを改良しました.

実行するとこんな画面になります.

174

24ピンにつながったタクトスイッチがスタートボタンです.押すと開始されます.そして,球をブロックに当ててみてください.
右にあるスコアが加算されるはずです.

173

次は,最後のボタンを使って,クリアした際に,”もう一度プレイしますか?”的な機能を追加しようと思います.
15 Pythonでゲームを作ろう9(ブロック崩し) に続く.

参考図書(よかったらどうぞ)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">