2 Pythonを使ってみよう

Pythonというプログラム言語を使ってみましょう.

初めに,RaspberryPiの電源を入れます.
raspberrypi login: pi
Password:前回入力したパスワード

を入力して,ログインします.
その後,”sudo startx”と入力します.

136

デスクトップ画面が出てきたら,左下のマークをクリック→Programming→IDLE

2014-09-11-155305_1824x984_scrot

IDLEが起動し,このような画面が表示されます.

137

左上のFile→New Windowをクリック

138

すると,新しいWindowが表示されます.この新しく表示されたWindowにプログラムを書き込みます.

2014-09-11-155608_1824x984_scrot

一行だけですが,以下のプログラムを入力してください.

入力したら,上部にあるRun→Run Moduleをクリック.

2014-09-11-160308_1824x984_scrot

プログラムの保存先を聞かれますので,任意のfileに保存.保存する際に,ファイル形式を.pyにしてください.

その後,プログラムを実行され,成功すると左に”Hello RaspberryPi!!”と出力されます.

2014-09-11-160537_1824x984_scrot

これで,Pythonを使うことができました.これからPythonのプログラムを書き込む際には,以上の順序で行えば実行することができます.
今度は,RaspberryPiのIOピンを使って,LEDを光らせてみましょう.
3 LEDを光らせよう. に続く.

参考図書(よかったらどうぞ)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">