1 RaspberryPi_IOピン配置

以下がRaspberrypi Rev2のピン配置です.

135

IOピンは3.3V出力だそうです.
間違って,5V対応のものに接続してしまわないようにして下さい.
UART通信やI2C通信ができるみたいです.UART通信をつかって,AVRマイコンと通信することもできそうですね.

まずは,ラズベリーパイの中でソフトを起動させ,Pythonというプログラム言語を書いてみましょう.

2 Pythonを使ってみよう に続く.

参考図書(よかったらどうぞ)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">