11 Atmega64aでフォトリフレクタ(近距離センサ)を使ってみよう.

 フォトリフレクタという近距離センサを使ってみましょう.これは,LEDによる光の反射で,近くにある物体との距離を測ることができるセンサです.Atmega64aのAD変換を使って,センサからのアナログ値をデジタル値に変換し,そのデジタル値をマイコンで距離に計算し,その距離をXbeeでPCに送ります.

必要なもの:
秋月電子通商
フォトリフレクタ(LBR-127HLD)

DSC00194

ピン配置は以下の通りになります.(データシートより)

LBR-127HLD_dim

以下のプログラムを書き込んでください.

プログラム

回路図

94

外観

DSC00195

X-CTUを起動し,出力画面を見てください.

93

フォトリフレクタから物体までの距離がcmの単位で出力されます.フォトリフレクタの前に何も物体がない場合,もしくは物体が遠い場合は999と出力されます.

これで近距離センサが使えるようになりました.ロボットに搭載して,物体を検知したら右に避けたりする等に使えますね.

次はジャイロと呼ばれる角速度を検知するセンサを扱います.これはロボットの姿勢制御やカメラの手振れ検出に使われています.
12 Atmega64aでジャイロセンサを使ってみよう. に続く.

おすすめ図書(よかったらどうぞ)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">