9 Atmega64aでモータを回転させてみよう

 前回,PWM信号を使ってLEDの明るさを調節しました.このPWM機能はLEDだけじゃなく,モータの回転数も調節することができます.このモータの回転数を調節するために,モータードライバーを使う必要があります.

必要なもの:
秋月電子通商:
モータードライバー TA7291P

61

AMAZON:
*モーターだったらなんでもいいです.

以下のプログラムを書き込んでください.

プログラム

回路図

193

Vcc1とVcc2がありますが,電池を2個使ってそれぞれ別に入力してください.なぜ一緒にしないかというと,モータ駆動時に電圧が下がってしまい(電圧降下),マイコンの方が動作しなくなってしまいます.ですので,それぞれ独立した電源が必要になります.

外観

DSC00187DSC00188

3秒おきにモータの回転数を変化させています.速くなったり,遅くなったりしているはずです.
次はステッピングモータという,特殊なモータを回してみましょう.

10 Atmega64aでステッピングモータを回転させてみよう. に続く.

おすすめ図書(よかったらどうぞ)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">