2 Atmega64aでLEDを光らせよう.

ATMEGA64Aを使ってLEDを光らせましょう.

回路図

82

回路ができたら,以下のプログラムを書き込んでください.

プログラム

atmega64a_LED.c

このプログラムをatmega64aに書き込むときの注意点があります.
書き込む画面のFUSESタブ設定で,以下の赤丸で囲んだ値に変更してください.
こうしないと,このマイコンの初期設定でatmega64aの機能が十分に使えない状態になってしまいます.
(マイコンの初期状態では,atmega64aではなく,atmega103として機能しているため)

83

LEDが点灯したらOKです.

外観

DSC00179

以下のプログラムはLEDが1秒おきに点滅します.

atmega64a_LED2.c

次はXbeeで無線通信してみます.
3 Atmega64aとXbeeで無線通信(USART)してみよう. に続く.

おすすめ図書(よかったらどうぞ)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">