4 Attiny2313とXbeeを使ってシリアル通信をしてみよう2

Attiny2313のUSART通信という機能を使ってシリアル通信してみましょう.

Attiny2313とXbeeを使ってシリアル通信をしてみよう1でPCに直接接続したXbeeはそのままにして,もうひとつのXbeeにマイコンを繋げます.以下のようにプログラムしてください.

マイコンにプログラムを書き込むときに注意点があります.

Fuses設定画面のCKDIV8のチェックをはずしてください.これをやらないと通信できません.

55
次に以下の回路図を参考に,回路を作ってください.

回路図

53

外観

DSC00084

回路を製作したら,X-CTUを起動し,Terminalタブを開きます.その後,回路に5V繋げます.以下の画面のようになったら成功です.

56

 

これは,マイコンで’1’のデータをひたすら送信し,PC側のXbeeがひたすら’1’のデータを受信しています.

 

次はマイコンでPWM信号を生成し,LEDに強弱をつけたいと思います.

5 Attiny2313でPWM に続く.

おすすめ図書(よかったらどうぞ)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">