14 組み立て

まずはモータ及び回転検出用基板を取り付けます。その後、モーターの軸にタイヤをはめます。タイヤはM4のいもねじで固定します。

321

裏側を見てください。3つ穴が開いているので、そこにボールキャスターをねじで固定します。

322

今度は電池を入れます。電池と電池の間に中間板をはさみ、lumenbolkと書かれた板でふたをし、ねじで固定します。

323

PSDセンサとMicroServoをPSDセンサ土台で一体にします。

324

一体になったものをロボットの先端に取り付けます。その後、基板を取り付けるための穴に秋月などで販売しているM3のスペーサを挿入します。(片方がオスになっているスペーサを使用します。)

325

基板を取り付け、コネクタを取り付けたら完成です!!

326

次はスマホのアプリで、このロボットをコントロールしてみましょう。

15 ロボットをコントロール に続く。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">