8 9軸センサのデータを取得しよう3(SDカード書き込み)

前回、タイマ割り込みを使って9軸センサのデータを取得することができました。今回はその取得したデータをPCに表示せずに、SDカードに保存してみましょう。

追加で使用するもの:
AMAZON
・microSDカード

秋月電子通商
・マイクロSDカードスロットDIP化キット

282

以下のプログラムをコンパイルし、mbedドライブに入れます。

以下の回路を製作します。

回路図

29

外観

284

TeraTermを起動し、スロットにSDカードを挿入します。その後、mbedのリセットボタンを押します。なぜかエラーが発生します。
もう一度リセットボタンを押すと、正常にプログラムが作動します。
以下にTeraTermのコンソール画面を載せます。

コンソール画面

285

では、SDカードにデータが保存できたか、PCで見てみましょう。スロットからSDカードを抜き取り、今度はPCに挿入します。
PC内で、SDカードのドライバを見てみると、test.csvというファイルがあるので、エクセルなどのソフトを使って開いてみます。

test.csvをエクセルで開いて、グラフ化してみました。

283

9 透過形フォトセンサを使ってみよう に続く。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">