2 ATtiny2313でLEDをぴかぴか光らせよう

今回からは,プログラム及び回路図を載せていきます.わからない点があれば,気軽に質問してください.
Attiny2313のデータシート
delay関数を使ってLEDを光らせたり,消したりします.

 回路

LED1

※LEDを1秒間隔で点滅するには,Fuses設定を変更する必要があります.以下の値を参考にしてください.

233

LEDが1秒おきに点滅したら成功です.

3 Attiny2313とXbeeを使ってシリアル通信をしてみよう に続く

おすすめ図書(よかったらどうぞ)

You may also like...

2 Responses

  1. 厨坊 より:

    こんにちは。
    AVRマイコンについて勉強しているところ、こちらを見つけました。
    最新の6についての解説なのでわかりやすいです。
    質問なのですが
    2章-2 ATtiny2313でLEDをぴかぴか光らせよう
    でのFusesでのExtendedとHighとLowの英数字や数字は変更をしなくてもよろしいのでしょうか?
    失礼しました。

    • lumenbolk より:

      厨房さん
      こんにちは.
      2章-2 ATtiny2313でLEDをぴかぴか光らせよう.では,1秒おきにLEDが点滅すると書いていましたが,このFuses設定では8秒おきに点滅してしまいますね.
      ブログの記事を編集しておきますので,Fusesでの各値はそちらをご参照ください.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">